MENU

◆年間行事・活動内容

 行事名期日場所
1月修正会法要例年1月3日 午後2時より了因寺
3月春彼岸会法要例年3月お中日 午後2時より了因寺
6月永代経法要例年6月】第4日曜日 午後2時より了因寺
8月盂蘭盆会法要例年8月15日 午後2時より了因寺
9月秋彼岸会法要例年9月お中日 午後2時より了因寺
10月帰敬式奉仕団例年10月に予定本山(東本願寺)
11月報恩講例年11月第2日曜日 午後2時より了因寺

修正会(しゅしょうえ)例年1月3日

元旦の法要です。 修正会は年の初めにあたり、新たな思いで仏様の前に座し、この一年も仏のみ教えを聞法しながら「念仏の生活を送る」ことの決意と、日々感謝の思いを新たにする法要です。 ご家庭での初参りと、お寺での初参りで一年が始まるようにしましょう。【日程】1月3日午後2時より 読経・法話の後に焼き餅、雑煮、飲み物をご用意しています ので、召し上がって下さい。○参詣の皆様とご一緒にお経(正信偈同朋奉讃)をお勤めし、住職の法話があります。その後は、ご門徒の大津さんの大正琴の演奏に合わせて歌声喫茶さながらに歌いながら、雑煮と焼き餅を食べて歓談の時間を過ごします。【服装】平服・お念珠をご持参下さい。

元旦の法要です。
修正会は年の初めにあたり、新たな思いで仏様の前に座し、この一年も仏のみ教えを聞法しながら「念仏の生活を送る」ことの決意と、日々感謝の思いを新たにする法要です。
ご家庭での初参りと、お寺での初参りで一年が始まるようにしましょう。

【日程】
1月3日午後2時より
読経・法話の後に焼き餅、雑煮、飲み物をご用意しています ので、召し上がって下さい。

○参詣の皆様とご一緒にお経(正信偈同朋奉讃)をお勤めし、住職の法話があります。
その後は、ご門徒の大津さんの大正琴の演奏に合わせて歌声喫茶さながらに歌いながら、雑煮と焼き餅を食べて歓談の時間を過ごします。

【服装】
平服・お念珠をご持参下さい。

【お内仏のお飾り】 31日大晦日の朝のお参りの後、仏具とお内仏(仏壇)のお掃除をします。お供えは、お内仏の大きさにあった鏡餅をお供えし、 仏花は若松を真にして梅、柳、笹に菊を添えることがあります。しかし、これにこだわることなく気持ちを込めたお供えと仏花にしていただければ宜しいと思います。

【お内仏のお飾り】
31日大晦日の朝のお参りの後、仏具とお内仏(仏壇)のお掃除をします。
お供えは、お内仏の大きさにあった鏡餅をお供えし、 仏花は若松を真にして梅、柳、笹に菊を添えることがあります。
しかし、これにこだわることなく気持ちを込めたお供えと仏花にしていただければ宜しいと思います。

春彼岸会(はるひがんえ)例年3月お中日

彼岸会とは、亡き人を心から偲ぶと共に、亡き人が諸仏と成られてから永劫に私たちが住むこの世(此岸・五濁の世界)に阿弥陀仏の浄土(彼岸・清浄 の世界)の功徳(はたらき・願い)を開き知らせて下さることに感謝する法要です。私たちがその浄土のはたらきと願いを明らかに知り、浄土へ生まれ往く道を生活の中で歩もうとする法要でもあります。【日程】3月お中日 午後2時より彼岸会法要後に、法話、落語を聞く会、歓談住職の法話を聞いた後、了因寺門徒会主催の「落語を聞く会」を行います。落語家は、桂歌春師匠です。演目は古典落語を聞きます。

彼岸会とは、亡き人を心から偲ぶと共に、亡き人が諸仏と成られてから永劫に私たちが住むこの世(此岸・五濁の世界)に阿弥陀仏の浄土(彼岸・清浄 の世界)の功徳(はたらき・願い)を開き知らせて下さることに感謝する法要です。
私たちがその浄土のはたらきと願いを明らかに知り、浄土へ生まれ往く道を生活の中で歩もうとする法要でもあります。

【日程】3月お中日 午後2時より
彼岸会法要後に、法話、落語を聞く会、歓談

住職の法話を聞いた後、了因寺門徒会主催の「落語を聞く会」を行います。
落語家は、桂歌春師匠です。演目は古典落語を聞きます。

永代経法要(えいたいきょうほうよう)例年6月第4日曜日

永代経法要とは、今はすでに諸仏と成られている先立たれた故人を偲び、これをご縁としてその諸仏が今現在説かれている仏法(お経の教え)を子孫永代に聞き続け、そのみ教えに生かされているご恩に感謝し、生きて今在る「いのち」を喜ぶ法会です。
永代経法要に懇志をお納めのときは、読経中に法名の読み上げと奉納版に記名いたします。

【日程】6月第4日曜日午後2時より

読経、法話、歓談参詣者の方々と共に法要をお勤めします。
亡き方々は諸仏として、仏法護持を願う私たちを称讃して下さることに喜びを感じながら法要をします。

○ご参詣の方々と共に、諸仏をご縁として仏法がいただける場になることが、お寺の大切な意義であることを確認します。

参詣者と共に、亡き方々を諸仏と賜りその願いを聞きいただきます。
殊に、原発事故による放射能汚染、戦争から起こる人間の生死の問題について、諸仏は私たちに何を問うているのか。
そのことに耳を傾け考えることを確かめなければなりません。

盂蘭盆会(うらぼんえ)例年8月15日

盂蘭盆会は亡き人々を偲ぶと共に、亡き人を諸仏と敬い仰ぐ法要です。
私どもの人生には 限りがあるとは言え、今在るこの「いのち」を精一杯生きて欲しいという諸仏の願いに頷き、この法要では敬いと感謝の気持ちを捧げましょう。

【日程】8月15日午後2時より

読経、法話、歓談、ラクビーボールの形をした富山の入善スイカを皆様と一緒に食べます。
亡き方々を諸仏といただき、この私がこの世の生き方に迷う者として、真実に目覚めることを常に念じて下さることに報恩の思いによる法会です。

法要が終わってからは、井戸水で冷やした冷たく甘い富山県名産の入善スイカを皆さんで召し上がっていただきます。

秋彼岸会(あきひがんえ)例年9月お中日

春彼岸会と同様に、浄土へ生まれ往く道を生活の中で歩む法要です。
その浄土とは、本願成就、願心荘厳の世界として、念仏を通して生活に表現されます。
真宗の「到彼岸」は、本願からのはたらきかけに目覚める生活の実現にあります。

【日程】9月中日午後2時より

参詣者と共に読経をし、私にとってお浄土とはどのようなはたらきをするものなのかを考えてみます。

帰敬式奉仕団(ききょうしきほうしだん)京都本山にて

真宗本廟(京都の本山:東本願寺)へ奉仕団として、 住職同伴で一泊二日の日程で参拝します。 宿泊は、本山内にあります「同朋会館」になります。住職選定の生前法名で帰敬式を受ける儀式を、全国から参集されたご門徒と共に本山本堂で行います。 生前に仏弟子の名前(法名)をいただき、念仏の生活を送るのが真宗門徒の正しい姿勢です。 【日程】未定 一泊二日【場所】京都:東本願寺「同朋会館」【共催】了因寺・了因寺門徒会「奉仕部会」帰敬式を受けられたご門徒は、新たな心もちで日々の生活を送られることでしょう。最終日の解散式後は、本山向かいにある渉成園(枳殻邸)で昼食をかねた懇親会を行い、お酒を飲みながら談笑し、その後は、枳殻邸を散策してから大谷祖廟(親鸞聖人のお墓)を参拝します。

真宗本廟(京都の本山:東本願寺)へ奉仕団として、 住職同伴で一泊二日の日程で参拝します。

宿泊は、本山内にあります「同朋会館」になります。
住職選定の生前法名で帰敬式を受ける儀式を、全国から参集されたご門徒と共に本山本堂で行います。
生前に仏弟子の名前(法名)をいただき、念仏の生活を送るのが真宗門徒の正しい姿勢です。 

【日程】未定 一泊二日
【場所】京都:東本願寺「同朋会館」
【共催】了因寺・了因寺門徒会「奉仕部会」

帰敬式を受けられたご門徒は、新たな心もちで日々の生活を送られることでしょう。
最終日の解散式後は、本山向かいにある渉成園(枳殻邸)で昼食をかねた懇親会を行い、お酒を飲みながら談笑し、その後は、枳殻邸を散策してから大谷祖廟(親鸞聖人のお墓)を参拝します。

この帰敬式奉仕団では、帰敬式を受けることが大事な儀式でありますが、それと共に教導の先生からのお話を聞き、生活の中で感じる課題を問い直してみることも大切なことです。参加者と寝食を共にしながら、一泊二日の生活を経験することも有意義なことです。

この帰敬式奉仕団では、帰敬式を受けることが大事な儀式でありますが、それと共に教導の先生からのお話を聞き、生活の中で感じる課題を問い直してみることも大切なことです。
参加者と寝食を共にしながら、一泊二日の生活を経験することも有意義なことです。

報恩講(ほうおんこう)例年11月第2日曜日

宗祖親鸞聖人の遺徳を偲ぶと共に、「生まれた意義と生きる喜び」を、本願念仏により明らかにしていただい たことへの報恩感謝の法要です。勤行と法話の後には、山形県名物の「イモ煮」を用意していますので召し上がっていただきます。【日程】11月第2日曜日午後2時より 読経、法話、「いも煮会」、歓談 参詣者と共に読経をします。「了因寺門徒会」行事部の主催で、山形県出身のご門徒が鍋奉行となり「いも煮」を作ります。読経と法話が終わってから、皆さんと歓談しながら美味しいいも煮を召し上がっていただきます。

宗祖親鸞聖人の遺徳を偲ぶと共に、「生まれた意義と生きる喜び」を、本願念仏により明らかにしていただい たことへの報恩感謝の法要です。
勤行と法話の後には、山形県名物の「イモ煮」を用意していますので召し上がっていただきます。

【日程】11月第2日曜日午後2時より

読経、法話、「いも煮会」、歓談 参詣者と共に読経をします。

「了因寺門徒会」行事部の主催で、山形県出身のご門徒が鍋奉行となり「いも煮」を作ります。
読経と法話が終わってから、皆さんと歓談しながら美味しいいも煮を召し上がっていただきます。

帰命の会(きみょうのかい)毎月第4水曜日

浄土真宗(親鸞聖人)の教えを学ぶ法話会です。真宗門徒が一番読む「正信偈」「歎異抄」をテキストにしながら、住職が話をします。法話の時間が終われば、お茶を飲み、菓子を食べながら住職を交えて雑談をします。 気軽にご参加下さい。【その他】平服で結構です。念珠をご持参下さい。参加費は不要です。【予定日】毎月第4水曜日午後2時より※日程は、都合により変更する場合があります。

浄土真宗(親鸞聖人)の教えを学ぶ法話会です。
真宗門徒が一番読む「正信偈」「歎異抄」をテキストにしながら、住職が話をします。
法話の時間が終われば、お茶を飲み、菓子を食べながら住職を交えて雑談をします。
気軽にご参加下さい。

【その他】
平服で結構です。念珠をご持参下さい。
参加費は不要です。

【予定日】毎月第4水曜日午後2時より
※日程は、都合により変更する場合があります。

「帰命の会」の予定

①1月27日②2月24日③3月23日④4月27日
⑤5月25日⑥6月22日⑦7月27日⑧8月24日
⑨9月28日⑩10月26日⑪11月23日⑫12月21日